スキンケアの使う順番がわからないという方は案外多いもの。

コスメカウンターで肌の状態をチェックし、自分の肌状態に合わせてスキンケアを購入した場合などは、スキンケアの使う順番もしっかりとアドバイスしてもらえますよね。

しかし自分でスキンケアを一式選んで購入した場合は、使う順番がよくわからないということもあります。

ここではエリクシールシュペリエルの使う順番を見ていきます。

スペシャルケアアイテムもチェック!

エリクシールシュペリエルの使う順番を知っておこう!

では早速エリクシールシュペリエルの使う順番を見ていきましょう。

まずはシンプルなケアでありながらここをしっかりとおさえておく必要がある基礎化粧品の使う順番をチェック!

ポイント1:3つのアイテムの順番
まずはベーシックなケアである化粧水と乳液の使う順番を見ていきましょう。

1、エリクシールシュペリエル リフトモイストローションT(化粧水)
2、エリクシールシュペリエル デーケアレボリューションT(朝用乳液)

朝のベーシックなケアの場合は化粧水→朝用乳液の順番で使用していきます。

1、エリクシールシュペリエル リフトモイストローションT(化粧水)
2、エリクシールシュペリエル リフトモイストエマルジョンT(夜用乳液)

夜のベーシックなケアも同じく化粧水→夜用乳液の順番で使用します。

ポイント2:化粧水の前・乳液の後
先ほどのベーシックなケアアイテムに加え、ブースターと収れん化粧水を投入する場合も見てみましょう。

ブースターを投入した場合の使う順番は、
1、エリクシールシュペリエル ブースターエッセンス(導入美容液)
2、エリクシールシュペリエル リフトモイストローションT(化粧水)

以下朝用乳液または夜用乳液の順番で使用していきます。

ブースターは洗顔後の化粧水の前に使用すると覚えておきましょう。

では収れん化粧水を投入した際の使用順番は、
1、エリクシールシュペリエル リフトモイストローションT(化粧水)
2、エリクシールシュペリエル リフトモイストエマルジョンT(夜用乳液)
3、エリクシールシュペリエル フレッシュアップトーニング(収れん化粧水)

という順番になりますが、朝に使用する場合は、
1、エリクシールシュペリエル リフトモイストローションT(化粧水)
2、エリクシールシュペリエル フレッシュアップトーニング(収れん化粧水)
3、エリクシールシュペリエル デーケアレボリューションT(朝用乳液)

という順番に変わります。

朝用の乳液を使用する場合は紫外線防止効果の妨げにならないように、朝用乳液を最後に使用していきます。

投入するアイテムによって順番が多少前後するので注意しておきましょう。

スペシャルケアアイテムの順番は?

ベーシックなケアアイテムの使う順番がわかったところで、スペシャルケアアイテムを取り入れた場合の順番も見ておきましょう。

エリクシールシュペリエルには目元専用のアイクリームや顔全体に使用できるクリームがスペシャルケアアイテムとして揃えられています。

これらのアイテムの説明書きには“お手入れの最後”と表記されていますが、アイクリームとクリームを同時に使用する場合はどういう順番になるのか気になりますよね。

両者を一緒にする場合は…、
1、エリクシールシュペリエル エンリッチドクリーム TB(美容濃密クリーム)
2、エリクシールシュペリエル エンリッチドリンクルクリーム L(リンクルクリーム)

というように顔全体のクリームを先に使用して、部分用のアイテムを最後に使用するようにしていきましょう。

ただし、エンリッチドリンクルクリームLを朝に使用する際は、レチノールの効果を守るため紫外線防止効果のあるアイテムを最後に使用するようにします。

朝だけ使用方法が変わるのでその点は注意が必要です。

ベーシックなアイテムもスペシャルケアアイテムも使う順番と使用方法さえ覚えてしまえば、毎日習慣化して肌を整えることに集中することができるでしょう。