毎日使うもので肌に直接つけるものだからこそ、化粧品の安全性は確保しておきたいですよね。

化粧品の中には毒性が指摘されるものもありますが、エリクシールシュペリエルに毒性はあるのでしょうか。

エリクシールシュペリエルは国内ブランド随一の資生堂から販売されているスキンケアラインとなりますが、安全性は確保されているのか気になりますよね。

エリクシールシュペリエルに毒性はあるのかないのかをチェックしましょう。

エリクシールシュペリエルに毒性はない?

毒性があるかどうかというのは、噂でもたたない限り調べることなどは早々ないかと思います。

しかし敏感肌の方や以前に化粧品で肌荒れを起こした経験がある方からしてみると、毒性をチェックしておくのは当たり前とも言えるのかもしれません。

調査をしていくとエリクシールシュペリエルには毒性がある成分が配合されているわけではありませんが、アイテムによっては肌にあまり良くないとされる成分が配合されていることがわかります。

その成分をあげてみると“エタノール”“ジプロピレングリコール”といったものがあります。

エタノールはアルコールなので多くの化粧品に含まれているもので、エリクシールシュペリエルの商品だけが危険なわけではありません。

エタノールが含まれることで、さっぱりとした使用感を得ることができたり、肌への浸透力を実感できたりもしますが、肌に合わない方が使用すると肌荒れの原因となることがあります。

エタノールでかぶれた経験がある方などは成分表をチェックしてから化粧品を購入するようにしましょう。

もう一つの成分であるジプロピレングリコールは保湿成分ですが防腐性を持っているため、目がしみたりと刺激になってしまう方もいるようです。

こうした成分が自分にとって毒性のものだと感じる方は、刺激の少ない無添加処方の化粧品を選ぶなど自分に合ったものを使用するようにしましょう。

界面活性剤はどうなの?

毒性と聞くと界面活性剤を指摘する方もいますが、界面活性剤は肌に良くないのでしょうか。

多くの化粧品に含まれている界面活性剤は毒性はあるのでしょうか。

界面活性剤には天然界面活性剤と、人工的に作られた合成界面活性剤があります。

化粧品だけではなく洗剤や薬などにも使用されているため、私たちの身近にある成分とも言えます。

しかし界面活性剤の中には毒性の高いものもあれば低いものもあり、発がん性など危険なものもあるのです。

界面活性剤は本来混じり合うことのない成分を化合するという性質があるため、様々な商品に使用されているのですが、界面活性剤は人の皮膚に浸透し血液にも侵入するほどの働きをもっています。

これら毒性と判断できるようなものは合成界面活性剤の方を指します。

合成界面活性剤は洗剤やシャンプー、化粧品にも使用されているため優れた成分である反面、危険な一面も含んでいるということも知っておくことは大事なことですね。

もちろん私たちが一度に使用する分量の中に大量の界面活性剤が使用されているとは考えにくいことですし、ただちに毒性の影響があるというわけではないでしょう。

しかし環境にも悪影響を及ぼしていると言われることもあれば、人体に対して全く無害となる界面活性剤(食品添加物として使用される食品乳化剤など)もあるため、その辺りの見極めがなかなか難しいとも言えます。

毒性を気にしている方は、なるべくならこの界面活性剤が使用されているものを避けた方が良いですし、一度に大量に塗布するなどは避けた方が賢明でしょう。

エリクシールシュペリエルに限らず、多くの化粧品や洗剤など私たちの身近で使用されている成分なのであまり気にしていない方もいるかもしれませんが、毒性を気にしている方や肌が弱い方はこうした成分に注目してみるのも良いかもしれません。