エリクシールシュペリエルを安く買うには、いくつか方法があります。

それは

・トライアルセットを利用する
・詰め替え用を利用する
・公式サイトの割引クーポンを利用する

の3つです。

 

エリクシールシュペリエルを使うのが初めてなら、トライアルセットを利用しましょう。

WEB限定のトライアルセットなら1,080円で手に入ります。

 

↓コレです。

↓1,080円のトライアルセットはこちら
https://www.shiseido.co.jp/

 

薬局で売ってるトライアルセットは1,512円なので、お店で買うよりも安く買うことができますよ!

また、WEB限定トライアルセットは楽天やアマゾンでも取り扱いはないため、公式サイトでしか手に入りません。

薬局で安く買うのは無理!トライアル・詰め替え・割引クーポンの三段活用が安く買うコツ

わたしは以前、安くなっている薬局がないか、スギ薬局やカワチ薬品、マツキヨなど、近所の薬局を手当たり次第にチェックした経験があります。

 

ですが、

どこの薬局でも安くなっていませんでした…

 

これは、ドンキなど普段からディスカウントを売りにする販売店でも同じ結果に。イオンやロフト、ハンズといった販売店でも安く買うことはできませんでした。ポイントを使う・貯めるくらいしかメリットがなさそうです。

 

薬局で安く買えない理由

わたしは「安くなっている化粧水だってあるのに、何故エリクシールシュペリエルは安くなっていないんだ!」と疑問を持ち、思い切って店員さんに質問してみることにしました。

 

すると、こんな答えが。

「エリクシールシュペリエルは割引対象外商品なんです。ですから値引きができません」

 

わたしは正直、まだ頭の中は「???」でしたが、よくよく考えると、確かに薬局には「30%オフ」の化粧品と「割引対象外」の化粧品がありますよね。

 

アレって、

値引きする・しないは、薬局が独断で決められない

らしいのです。

 

メーカーからお達しがきていて、割引できる化粧品と割引できない化粧品があるようなのです。まあ、ブランドイメージを守るためでしょうね。

 

そのようなわけで、

エリクシールシュペリエルは割引ナシ。このルールは全国共通です。

これが分かって、わたしもやっと諦めがつきました。

 

ですが、調べていくうちに

「ちょっと工夫すれば、定価より安く買う方法って結構あるな!」

ということもわかったので、わたしが安く買った方法をご紹介します!

 

1.トライアルセットを活用する

エリクシールシュペリエルを「とりあえず試してみたい」という場合は、公式サイトのトライアルセットを利用すると良いでしょう。

↓化粧水・乳液・美容乳液の3点セットです。

エリクシールシュペリエルは2018年10月21日にリニューアルしました。リニューアルを機に、薬局でもトライアルセットの販売が始まっています。

 

ただし、

薬局で買えるトライアルセットは1,512円です。

 

ただし、単純に高いわけではありません!薬局のトライアルセットが高いのは「化粧水・乳液・美容乳液」に加えて「洗顔フォーム」が入っているためです。

 

※公式サイトのトライアルセットには「洗顔フォーム」が含まれていません。

 

もう一つ注意点があって、

薬局で買えるトライアルセットは「しっとり」しかない

ようです…

 

もしかしたら「さっぱり」「もっとしっとり」もあるのかもしれませんが、少なくとも、わたしがチェックした薬局では「しっとり」しか見かけていません。

リニューアル直後にチェックしたので在庫切れの可能性は薄いと思います。

薬局で買えるトライアルセットも数量限定だと思いますので、「洗顔フォームも欲しい!しっとりでOK!」という方は薬局でチェックしてみてくださいね!

 

公式サイトのWEB限定トライアルセットをまとめると、

・1,080円

・化粧水・乳液・美容乳液の3点セット

・「さっぱり」「しっとり」「もっとしっとり」から選べる

という特徴がありますので、洗顔フォームがいらない場合は公式サイトのほうがメリットが多いですね。

↓1,080円のトライアルセットはこちら
https://www.shiseido.co.jp/

2.つめかえ用を購入する

つめかえ用のほうが若干安いです。

 

・化粧水:税込3,240円
・化粧水(つめかえ用):税込2,808円

・乳液:税込3,780円
・乳液(つめかえ用):税込3,132円

※美容乳液(税込3,024円)はボトルじゃないのでつめかえ用はありません。

 

ただし、つめかえ用はちょっぴり量が少ないので、そこまでお得ではありません。あくまでもエコという感じ。

わたしは化粧品の類いはゴミ出しが面倒なので、つめかえ用を使うようにしています。

 

3.割引クーポンを利用する

実は資生堂の公式サイト「ワタシプラス」に登録すると、定期的にお得な情報が流れてきます。最近流れてきたのは800円分の割引クーポン。

「5400円以上のお買い物で使えます」など、割引クーポンを使用する際の条件はありますが、まとめ買いもアリ!という方は、ワタシプラスで割引クーポンを利用して安く買うのがおすすめです。

誕生日の月には1000円割引クーポンが配布されたりと、薬局や楽天のポイントと比べても割引率は高いはずなので。

ちなみに…ワタシプラスは楽天ポイント使えます!

ワタシプラスでは「楽天Pay」で支払いができるため、楽天ポイントを使ったり貯めたりもできますよ。楽天Payのシステム上、全額ポイントで支払うことはできませんが。

ですから「ワタシプラスも魅力的だけど、わたしは楽天大好きだから!」って方も一度はワタシプラスを確認してみてくださいね。

↓1,080円のトライアルセットはこちら
https://www.shiseido.co.jp/

楽天・アマゾンで買っちゃダメ?

楽天・アマゾンで買ってはいけない、ってことはないのですが、先ほどお伝えした通り、2018年10月21日にリニューアルしたばかりということもあって、楽天には古い商品がいっぱい並んでます。

ちゃんとした薬局では、リニューアルの数日前から「商品入れ替え」を理由にエリクシールシュペリエルは販売を停止しているところもありました。そういった意味ではまだ楽天・アマゾンはリニューアル後も平気で旧品を売る無法地帯です(苦笑)

しっかりリニューアル後の商品を選べば問題ないのですが「安い!」と思って飛びついたらリニューアル前の商品だった・・・なんてことになりかねません。古い商品かどうかをしっかり確認するようにしましょう。

また、エリクシールシュペリエルはエイジングケア商品の中では比較的リーズナブルな商品なので、そこまで多くないですが偽物を売っている販売店が全くないとは言い切れません。

まずは公式サイトや公式の販売店舗で買って、リニューアル後の商品の使用感を一度は確認しておいたほうがリピートする場合にも安心です。

エリクシールシュペリエルの年齢層は30代・40代が中心

20代女性でも日常のストレスや生活習慣で肌トラブルに悩んでいるのではないでしょうか。初めてのエイジングケアに昔から慣れ親しんでいる資生堂を使いたい!という方もいるでしょう。

エリクシールシュペリエルは20代で使っても問題ありません。実際、大手の口コミサイトで確認したところ、30代前半、30代後半に次いで多いのが20代後半の口コミなんです。

トライアルセットが安いので手に取りやすいというのもあるかもしれませんが、それだけ多くの20代女性が気になっているのは確かでしょう。

また、50代女性も「50代が使っても大丈夫?」と感じているかもしれませんが、あくまでも30代・40代の女性を対象年齢としているだけで、50代でも愛用している方は多いですよ。もしも化粧水・乳液に追加で何か使うなら、最近CMでもやっていた「エリクシール エンリッチドリンクルクリーム」がおすすめです。目尻のシワ・ほうれい線に効果的です。

エリクシールシュペリエルとホワイトならどっちがおすすめ?

有効成分についてですが、エリクシールシュペリエルには「トラネキサム酸」、エリクシールホワイトには「4MSK」が配合されています。

乾燥やハリが気になるならエリクシールシュペリエル、シミやくすみが気になるならエリクシールホワイトが良いでしょう。ただ、有効成分以外は共通している成分もあり、使用感にそこまで大きな違いを感じないかもしれませんね。

特に資生堂の美白シリーズといえば「HAKU」が有名なため、エリクシールホワイトはその影に隠れちゃっている印象です。エリクシールシリーズならやはりエリクシールシュペリエルのほうが展開されている商品も多いですし。

そのため、どちらかと言えばおすすめはエリクシールシュペリエルなのですが、どちらにもトライアルセットが用意されているので、自分にはどっちが合っているのか判断つかなければ、両方とも試してみるのも良いかもしれません。

エリクシールシュペリエルは1080円、エリクシールホワイトは1,188円で試すことができますよ。

↓エリクシールシュペリエル・エリクシールホワイトのトライアルセットはこちら
https://www.shiseido.co.jp/